粗大ゴミ回収は不用品回収業者と役所どちらがお得か

粗大ゴミを処分する場合、役所に依頼する方法と不用品回収業者に依頼する方法があります。

どちらにもメリット、デメリットがあるため、一概にどちらを一方をオススメすることができません。

依頼主さんの状況によって、どちらに依頼する方がお得なのか、そもそも回収できるのかという点もあるため、役所と不用品回収業者の違いをまずは理解して、どちらに依頼をするべきか決めていきましょう。

役所に粗大ゴミの処分を依頼する場合

役所に粗大ゴミの回収を依頼する場合は、ゴミ処理券を購入して、指定された日に家の前やマンションの専用スペースに置いておく流れになります。

地域や品目によって粗大ゴミの処分費用は変動しますが、不用品回収業者と比較すると価格は安いことがほとんどです。

ただし、本当に回収してもらうだけになるので、指定の場所まで運び出すのが難しいほど大きい物であっても、自分で粗大ゴミを移動させなくてはならないので注意が必要です。

家電リサイクル法が適用されるものは回収不可

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • パソコン
  • 洗濯機
  • 乾燥機

上記の家電リサイクル法が適用されるものは、役所では粗大ゴミとして回収を依頼することができません。

これらの粗大ゴミを回収してもらいたい場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者に粗大ゴミの処分を依頼する場合

不用品回収業者に粗大ゴミの回収を依頼する場合は、家まで来てもらい運び出しから回収まで全て対応してもらう流れになります。

不用品回収業者によって対応できる物に幅はありますが、役所では対応できない家電リサイクル法対応の粗大ゴミでも回収や買取りで対応できるケースが多いです。

ただし、不用品回収業者によっては対応できる粗大ゴミはそれぞれ異なるため、全ての不用品回収業者がなんでも回収できるわけではないので、自分のニーズに合った不用品回収業者を選定することが必要です。

粗大ゴミが少ない場合は割高

定期的にゴミの回収のために街をまわって、ついでに粗大ゴミを回収していく役所とは違い、依頼があってその1件の粗大ゴミの回収に向かうため、回収をするためのコストが高くなっています。

そのため、単品や少ない数の不用品の回収を依頼すると、役所に依頼する料金よりも高額になってしまいます。

また、遠方で少数の粗大ゴミの回収となると完全に赤字になってしまうので回収を断られてしまうことも多いです。

1つからでも回収します、とアピールしている業者が多いですが、あくまで交通費がかからない近隣に限定しているか、出張料金が高くついてしまうのは覚悟しておきましょう。

回収してもらう粗大ゴミによって役所と不用品回収業者を使い分けよう

ここまでで説明してきたように、粗大ゴミの種類や量によって、役所と不用品回収業者を使い分けた方がお得に回収を依頼することができます。

実際に回収してもらう粗大ゴミの種類と量をケース別に分類して、どちらに依頼した方がより安くなるかを見ていきましょう。

役所の回収料金は大阪市を例とします。

大阪市の粗大ゴミ回収料金表

家電製品や家具が壊れてしまって粗大ゴミとして回収を依頼する場合

家電製品や家具が壊れてしまって、粗大ゴミの回収を依頼するケースの場合、回収してもらうものが1〜3個程度に収まることがほとんどだと思います。

役所に依頼した場合は、1品目あたり200〜1000円になるため、粗大ゴミの回収料金は最高でも3000円に収まります。

不用品回収業者に依頼する場合は、

  • 作業料金
  • 出張料金
  • 駐車場料金

最低でもこれらの金額が必要になる上、壊れているものが買い取り対象になる可能性は低いため1万円程度はかかってしまうでしょう。

そのため、壊れた家電製品や家具の回収を依頼する場合は役所に依頼をした方が安くなります。

ただし、家電リサイクル法が適用される家電製品の回収が含まれる場合は、役所では対応できないので注意してください。

引っ越しに伴い大量の粗大ゴミを捨てたい場合

引っ越しに伴い、要らないものを一気に捨ててしまいたい場合や、新居に移る際に家電製品や家具を新しいものに買い替えて、古いものをまとめて処分したい場合を考えていきましょう。

まず、役所に依頼する場合は回収を断られるものが出てくる可能性が高いでしょう。

大量の粗大ゴミが出る場合の専用問い合わせ窓口はあるのですが、一般に排出されるゴミに限定されているので、全ての粗大ゴミを回収してくれるわけではありません。

また、自分で全て外まで搬出する作業が発生するため、現実的に厳しい部分があります。

一方、不用品回収業者に依頼する場合は、基本的にほとんどの種類の粗大ゴミに対応してもらえ、搬出作業も行なってくれます。

また、大量に回収する粗大ゴミの中から、価値がありまだ使えるものがあれば、買取対応となり、不用品回収料金から差し引いてくれるため、かなり安く粗大ゴミの処分ができるケースもあります。

引越しに伴う大量の粗大ゴミの回収は、不用品回収業者に依頼するのがベストでしょう。

断捨離を行う場合

部屋の整理のために、使ってないものを断捨離する場合について考えていきましょう。

まず役所に依頼する場合は、捨てるものがそれぞれ何円で回収してもらえるのかを調べて、それぞれの金額分の手数料券を購入する必要があります。

断捨離するものの分別に加えて、多くの手間が発生してしまうため、作業量が多くなってしまうので、中途半端なままになってしまうリスクが高いでしょう。

不用品回収業者に依頼する場合は、搬出作業も行なってくれるため自分で行う断捨離の作業量を大きく減らすことができます。

また、断捨離の場合はまだ使うものを捨てるケースが多いため、粗大ゴミではなく買取の対象になる可能性が高くなります。

また使っていないブランド品なども断捨離する場合は買取料金も高額になるので、依頼したのにむしろプラスになってお金がもらえることもあります。

断捨離を行う場合は、不用品回収業者に依頼する方が大幅にお得と言えるでしょう。

関西でオススメの不用品回収業者

実際に不用品回収業者に依頼する場合、安くてサービスの良い業者を選定するために、多くの不用品回収業者を調べて比較する手間が発生してしまいます。

そのため、関西でオススメの不用品回収業者を何社かピックアップしてご紹介しておきましょう。

便利屋タクト

便利屋タクトのホームページ

便利屋タクトは、大阪市住之江区の不用品回収業者です。

断捨離や引越しなどに伴う不用品回収の実績も多く、また分別がめんどくさい人向けに軽トラック摘み放題プランを1万円と、大阪市内でも最低価格に近い料金で対応されています。

社長が丁寧な方で、回収に来ていただいた際には料金以上にサービスをしていただいたこともあり、自信を持ってオススメできる不用品回収業者さんです。

便利屋タクトの詳細ページ

相場屋

相場屋のホームページ

相場屋は兵庫県三木市の不用品回収業者です。

不用品回収で回収したものを海外へ送る社会貢献活動もされており、NHKなどのテレビ出演もされている有料業者です。

また、社労士や不動産会社などの法人対応の実績も豊富で、クオリティが高い不用品回収業者と言えるでしょう。

相場屋の詳細ページへ

まとめ

粗大ゴミの回収を依頼するには役所と不用品回収業者、どちらに依頼するのがお得かはわかりましたでしょうか。

基本的には数点程度であれば役所、量が多ければ不用品回収業者というのが賢い選択になります。

関西にお住いの場合であれば、ぜひご紹介した不用品回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。